119番は、様々なものからの通報を受信します。

一般電話からの通報

発信地表示システムにより、災害場所の確定がすばやくでき、一番安定した通報が可能です。 また、コードレス電話を使えば、通報しながら応急処置などの指示を受けることができます。

 IP電話・直収電話からの通報

一般電話と同様に受信できるもの、受信不能な電話機があります。119番につながらない電話の確認方法は、3ケタ番号(時報(117番)など)に電話をしてつながれば119番にもつながります。詳しくは契約会社にお問い合わせください。

携帯電話からの通報

位置情報通知システムを使用し、場所を特定します。(なお、機種により場所を特定できないものもありますので、近くの目標となる建物、キロポストなどを確認してください。)

場所が分かる方が近くにいる場合は、電話を代わってください。

場所・電波状態により、管轄外の消防本部につながることがあります。まず市・町名を確実に伝えてください。(管轄外の消防本部につながった119番は、雲南消防本部に転送されます。)

*通信指令台

 FAXからの通報

聴覚が不自由な方は、FAXで火災や救急等の緊急通報することができます。下記の様式にあらかじめ住所等を記入されていますと、すばやい通報が可能となります。(内容を確認し返信します。)

FAXで通報される場合の様式 (印刷してお使いください)印刷ボタン

トンネル内の非常電話からの通報

トンネルの中に非常電話があります。この電話から119番に通報することができます。(ボタンのみで受話器が付いていないものは、通報のみで会話はできません)

火災通報装置

ボタンを押すと消防署に通報する装置、又は煙等を感知すると消防署に自動で通報する装置があります。

いずれの装置からの通報も、消防署から呼び返しをしますので、お話ができる状態であれば、受話器を上げてください。

以上の通報は、すべて通信指令台で受信をして、出動指令を行ないます。

その他の通報

eメール119通報システム

聴覚・言語機能に障がいのある方(本システムの登録者)が雲南消防本部の管轄区域内(雲南市・奥出雲町・飯南町)で発生した災害に対してメールによる緊急通報を行い、消防車や救急車の要請ができるシステムです。

トンネル内の非常ボタンからの通報

トンネル内に非常ボタンがあります。このボタンを押すと警察署・消防本部などの表示盤で受信します。 直ちに出動をしますが、どのような災害が発生しているか確認ができていませんので、通報できる状態であれば110番又は119番通報してください。

駆け込み通報

消防署では、出動中以外は無人になることはありません。通報する手段がない場合などは最寄りの消防署へお越しください。